Crypted Truth 仮想通貨ウワサの真相

ちょっとえっちな暗号通貨

Bittrexのサポートについて:アカウントロックされてみたよ!

今日は真面目なりっぷるちゃん(正直、名前を変えようと思っている)です。

 

仮想通貨の取引所(交換所)といえばUIがかわいいわかりやすい色が初音ミクちゃんと同じでおなじみのCoinCheck(アフィ埋め込むのがめんどくせえ)ですよね。3分で登録できるので絶対によろしくお願いいたします。zaif 、bitflyerも試したんですけど、正直画面がシブすぎて触って1分で吐きました。

そして中級者?になってくると気になってくるのが海外取引所。CCにはない、たくさんの銘柄が買えることや、安いスプレッドが魅力です。

しかし気になるリスク。Mt.GOXのようにGOXしないか、サイバー攻撃に対するセキュリティは万全か、そして最近話題になってるのは、サポート対応の質です。下の記事でもあるように、Poloはユーザーの増加やアクセスに、サポートが追いついてないのかな?という懸念があるそうな。

 

つうわけで、今回はわたしがBittexで身を以てハマってサポートして頂いた話です。

 

ことの発端

f:id:ripple_chan:20170623163228j:image

 

BITTREXはログインするたびにlogin notificationというメールを飛ばしてくれます。不正ログイン抑止の機能ですね。もし他人にログインされていたら、このメールの「disable your acconut」というリンクから飛んで行って2要素認証キーをぶち込み、アカウントからの売買や出金をロックすることができるという親切機能です。安心ですね。

ところが、2要素認証に何度も失敗して脳みそが天才チンパンジー状態になっていたわたしは、あろうことかチンパンジー状態でメールを開き、よくわからんけどアカウントを!?disableに!?OK!!(リンクポチー)→2要素認証キー投入ッ!!(ッターン)→無事貴様のアカウントがロックされました😀という流れに陥りました。

これ書いててアレだ、誰もそんなミスしねえよ、お前がチンパンジーなだけだろうが、というみなさんの心の声をビンビンに感じます。思考が盗聴されているかもしれない。 哀れなチンパンジーだと思ってくれよ。

 

アカウントがロックされるとどうなるか

できること

・ログイン、取引所内にあるコインの確認

・coincheck→BITTREXへの送金

 送金アドレスの生成と、その受け取りは問題なく行えます。

 

できないこと

・コインの売買

・コインの出金

 →注文画面で「account_disable」となって注文できない

 

めっちゃ困った。なぜなら全資産をbittrexに送金した直後だったから。売り時なんだよォ、買ったばっかりのFACTOMがヨォ〜。

 

解決に向けて 

サポート宛てのメールは読みません

すぐさまサポート用のアドレスに、タスケテ〜とメール。チンパンジーレベルの英語で。

すると数時間後にメール返信が。

f:id:ripple_chan:20170623165230j:image

訳:あのね、メールで送られても困るから、サポートフォームにチケットを送ってくれるか?じゃあこのアドレスはなんなんだよ。恐竜かわいい。

 

サポートフォーム

こちら https://support.bittrex.com/ のURLの

f:id:ripple_chan:20170623165724j:image

「submit a request」から

f:id:ripple_chan:20170623165720j:image

「account_disable」を選んで

f:id:ripple_chan:20170623165753p:image

あとはメールアドレスを埋めて、descriptionに「ウキキーーー!!ウキ!!ウキキキーーー!!」と書いて、submit。これでチケット発行完了。

f:id:ripple_chan:20170623171034j:image

 

サポートフォームその2:自撮り要求おじさん

すると翌日、サポートチームからこんなお返事が。

 f:id:ripple_chan:20170623170350j:image

・セキュリティの関係で最低24時間はロックするよ。その後にヨロシクしてあげるね。

・$1000ドル以上入ってるアカウントのロック解除には、「政府発行の身分証明書」「BITTREX」「今日の日付」を書いた紙、「お前のご尊顔」を1枚にまとめた自撮りを送ってね。

とのこと。最初、ご冗談でしょう?と思って「ご冗談でしょう?」とメールしたんですが、「マジだよマジ」と返ってきたので、マジっぽい。ウキー!!ウキキーー!!

職場の後輩ちゃんに手伝ってもらって、パスポート、紙、わたしの自撮りをパシャー。なんだかマグショットみたいで興奮する。

そしてサポートフォームに、アップローダーがあるので画像を添付して、「自撮りです、ヨロ」と書いて送信。(夕方ごろ)

f:id:ripple_chan:20170623171728j:image

 Randyっていうのはサポートのお返事をくれたナイスガイね。

解決

そして翌日お昼に解決メール到着。

f:id:ripple_chan:20170623171927j:image

 

その後、無事売買できるようになってました。だいたい1日弱待てば返事がきたので、アメリカと日本のビジネスタイムの時差を考慮すると、そこそこのスピードだと思います。安心感がありますね。

まあ、高値で掴んだFACTOMはその頃にはクッソ値段が落ちてたんだけどな。皆さんも興奮しすぎてチンパンジーにならないよう注意しましょう。ご参考になれば幸いです!では。